管理画面
クロスステッチを中心とした手芸や日々の事等を書いています。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
以前、私の母が今年の夏、藍染めにチャレンジすると書きましたが
その藍で染めたスカーフが仕上がりました。

種まきから始まって、藍を育て、
その育った藍を使い、小物を染めるまでが
講習会の内容。

先日、実家へ行った時に写真を撮って来ました。
IMG_0145.jpg
布は同じシルク100%ですが、幅がちょっと違います。
色は左側の方が少し日陰で育った藍。右は太陽サンサンで育った藍。
あとは葉の量などで濃さが違って来るみたいですね。
右側は講習で染めたもの。柄部分は布を縛って染まらないように
したそうです。母のが一番色が濃く出て、「良いねえ」と評判だったとか。
藍で染めたものは虫除けにもなるそうですよ。

そして、その右側のスカーフのアップ
IMG_0144.jpg

左側のスカーフはこちら
幅はこちらの方が良いですね。


右側のスカーフはこちらの幅のスカーフ

お値段もお安くて、とても良く染まるみたい。
これを見て、娘は興味津々。
来年の自由研究ネタに良いかも…。
種を育てて収穫、布を染めるなんて…良い自由研究になるよね?
スポンサーサイト
 

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

Trackback

 

 

 
Copyright © 2017 Memorandum del lavoro fatto a mano, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。