管理画面
クロスステッチを中心とした手芸や日々の事等を書いています。
 

 

 
先月、我が家にある電子ピアノの一部が壊れ
パーツ交換となり、出張サービスで直してもらったんですが、

直しに来てもらうにあたり、電話のお姉さんとのやりとりで
(正確なやり取り、忘れちゃったんですけどね)
『○○様はどんな漢字ですか?』
※ここで!(早いですね)
(私、ここで何思ったか?『漢字』を『感じ?』と思ってしまう)
『○○様はどんな感じ?ですか?』と…
『う〜ん、え〜っと』
⇒私の頭の中は、
「そっか、家に来てもらうのに私だと分かってもらう為に
特徴を聞かれてるのね?年齢は4○歳、背はあまり大きくなくて156
髪は胸辺り…』な〜んてとっさに考えてしまった訳ですよ。
(どうしてそう発想してしまったのか?私って…)
まあ、考えただけで、喋りはしなかったんですけれどね。

そんな私が回答に困っていると、
電話口のお姉さんが
『○と言う字に○と言う字の○○様でよろしいですか?』と聞かれ、
『そうです。』と、ふと我に返りましてね。
危うく恥をかかずに済んだんですけど、
(そもそも、そんなにバリエーションある名字ではないんですけどね。)

後から考えたら、私って…馬鹿過ぎると、
笑いが止まりませんでしたよ。

皆さんもこんな経験ありますか?
私だけか…。
スポンサーサイト
 

 

 
Comment
 

ありすぎます(笑

笑っちゃいました(爆
そして、あまりにも自分と被ってしまってる点にも笑っちゃいました(爆×2
それにしても電話口のお姉さんの機転の良さに感服です^^

NAME:じゃむ | 2015.12.10(木) 13:19 | URL | [Edit]

 

じゃむ さんへ

こんにちは
良かったです。お仲間がいて…あっ違うか(笑)

> そして、あまりにも自分と被ってしまってる点にも笑っちゃいました(爆×2
ふふふ、被ってましたか?ちょっと嬉しい!ってこれも違いますね(笑)
家を訪ねる訳だから、家の場所を説明するならまだしも
私の容姿を説明って…
どうして そっちの発想になってしまったんでしょうね。

> それにしても電話口のお姉さんの機転の良さに感服です^^
助かりましたよ。きっと伝説の笑い話として、語り継がれそう(涙)

NAME:aprile | 2015.12.11(金) 06:59 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 
Copyright © 2017 Memorandum del lavoro fatto a mano, all rights reserved.
まとめ