管理画面
クロスステッチを中心とした手芸や日々の事等を書いています。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
今日、お友達と映画『藁の楯』見てきました。


ぎゃ〜朝から猛ダッシュ。
怪我の後、こんなに走ったのは初めてかも…と言うか、走れた!!

余裕のはずが…待ち合わせ時間を過ぎ、また、映画開始時間にも
遅れそうになると言う。
結果、間に合いましたけど、
小デブの体から汗が拭き出て、なかなか引かなかった(笑


って、こんなどうでも良い話は置いといて、
映画、思っていたより、迫力あって面白かった。
大沢さん、すっごく良かったです。
まあ、昔から大好きなんで、そう言う目で見ますから…だけど

内容は私が上手く感想を言えないのもあるんだけど、
あまり知らないで行った方が良いですね。
多少、『そんなところでバンバンなんてあり得ないでしょう』など
突っ込みどころがありますけど、ドキドキしました。
「え〜あなたもだったの?」って、最後は大沢さんだけになり
色々びっくりです。


そして、劇中、びっくりしたのは、色々な方が出てるんですよ。
今日の私の発見率が冴えていたのもあったと思うけど、
あの昔、欽ドン 良い子悪い子普通の子の「な〜」と言ってた
(わからない人はわからないと思うけど…)
長江健次さん。
『え〜〜〜〜こんな所に!そして、普通の子がこんな役どころに』
って私びっくり(友達気付かず)

そしてもう一人、男闘呼組の高橋一也さん。
見た瞬間、『あ〜男闘呼組(これもわかる人はわかる)』と
心の中で叫ぶ。(やっぱり友達気付かず)
(でも、友達は確か男闘呼組の前田耕陽さんのファンだったはず)
最後の氷室京介さんの歌も印象的でした。

と言う訳で、これは感想なのか??
お友達と沢山お喋りも出来て楽しかった。
行って良かったです。

お借りします
スポンサーサイト
 
テーマ * 映画感想 ジャンル * 映画

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 
Copyright © 2017 Memorandum del lavoro fatto a mano, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。