管理画面
クロスステッチを中心とした手芸や日々の事等を書いています。
 

 

 
この間の水曜日、映画を観て来ました。
本当は一人でこっそり行く予定でしたが…
「映画見に行くんだ〜」なんてLINEしたら「私もいこうかな」って
なりまして、友達と行ってきました。

チュジフンの復帰作 5月11日(土)公開の『私は王である』→HP
ジフンの「フタヤク」を見てきました。


水曜日はレディースデーで安くてですね。
朝一番の回に…

コメディー映画で、がはは〜とまでは行きませんが
くすくすっと笑えました。
チュジフン君も頑張ったんでしょうね。
貧しい青年役のドクチルの時、汚れ過ぎ〜。
まあコメディだからなんでしょうけど、
あそこまで落とさなくても…と、ちょっと思ってしまった。
発作起こしたフリして、デレデレしちゃうシーンとかね。

私が良いなと思ったシーンは
ドクチルが王様のフリをしているとき
捕われてしまっているお嬢さんの安否を確認したい為に
呼び出したシーン。
お嬢さんを見るなり、泣きそうになり、目を両袖で覆ったりする所。
その後の台詞も、可愛かったわ〜〜〜。

護衛兵士役のキム・スロさんやイム・ウォニさんもすっごく
良かったですね。時々、かっこ良く見せちゃうシーンなんか
素敵と思ったり、笑えたり…

王様ジフンの最後の演説も迫力あって良かったですよ。

ま、でも、今韓国で撮ってる映画の方が見てみたいなって…
そして、今日はチュ・ジフンさんのお誕生日だそうで、
おめでとう〜〜〜〜

お借りします
スポンサーサイト
 
テーマ * 映画感想 ジャンル * 映画

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 
Copyright © 2017 Memorandum del lavoro fatto a mano, all rights reserved.
まとめ