FC2ブログ
管理画面
クロスステッチを中心とした手芸や日々の事等を書いています。
 

 

 

2泊3日の入院、子宮筋腫の手術から、

無事、戻りました。


手術前の検査で貧血は1ヶ月飲んだ薬のお陰で

見事に基準値内に回復していました。が、

持病の潰瘍性大腸炎が物凄く悪化している中での
手術となってしまいました。


病名は子宮粘膜下筋腫

手術は子宮鏡下筋腫切除術 子宮内膜焼灼術 です。


いや〜初めての手術

物凄くドキドキしました。

全身麻酔って凄いですね。

手の甲の点滴から、薬が入り

うわ〜くらくらして気持ちが悪いと思った瞬間、

もう記憶がなく、次に声をかけられた時には

全て終わっていると言う。本当にすごい。


麻酔から覚めた後は、子宮の痛みは全くなく、

不思議な感じ。

ですが、腸が更に悪化してしまい。

看護師さんにたくさんの迷惑をかけてしまいました。

もうこれは本当に悲しいし、辛かった。


退院後は、1日ぐっすり寝て、

すぐ仕事に復帰しました。医療の進歩は凄いですね。

次は1ヶ月後、そして、もうあの大量出血にならずに

身体が楽になりますように。

 
スポンサーサイト



 

 

 

 

また、間が空いてしまいました。
子宮筋腫の手術がいよいよ迫ってきました。


4月1日の3本目のリュープリン注射の日

手術前の検査ということで、

子宮超音波検査(筋腫が5センチから3センチになってた。やった!)

血液検査、心電図、腰回りのレントゲンを撮り

一週間後、結果を聞きに病院へ行きました。


結果、

血液検査→基準値 女性:12.1~14.5g/dLのところ 約7.0g/dL

心電図→不整脈

レントゲン→がっつり曲がっていた背骨の側湾症

オーノーボロボロやん。


1月に大出血を起こした時に、何も処置をしなくて

まあ、私もフラフラしたりがなかったのものですから、

特別処置をしなかったんですけど、実は2ヶ月貧血状態だった。


先生もいつも数値が良かったから大丈夫と

思っていたんだけどと言いながら、焦っている感じ。。。

あ〜、私も馬鹿だった。血液検査しないの?と

治療はないの?と突っ込むべきだった。

結局、この日から薬を処方してもらい手術まで1ヶ月飲む。


不整脈も経過観察という判断。側湾症はまあ、良いとして。。。

う〜む、すごい不安!大丈夫なんだろうか?

この1ヶ月もやっと過ごしてしまった。

その間、腰回りのMRIも撮りました。こちらは結果の連絡は

特に無し(何かあったら連絡するとのことだったので。)

あとは、こんな時期なのでPCR検査。

こちらも陽性の場合のみ連絡です。


この後、入院手術になります。

がんばってきますね。

 

 

 

 

 

また思いっきり間が空いてしまいました。


刺繍の写真も撮ったりしたんですけど、アップも出来ず。

殺人的な仕事の繁忙期がやっと終わってほっとしたところです。


先日、子宮筋腫の手術準備のための注射
リュープロレリン注射の3本目を打ってきました。

1本目は左腕、2本目は左腹、3本目は右腹にしました。

あれだけ恐れていたお腹への注射。

私は痛くなかったです。太ってて良かった...

腕だと、重くだるくなってしまったんですが、

お腹注射は、初めのチクンだけ、とっても良かった。

今後、あの大量出血にならなくなるのかと思うと

嬉しい。手術まで1ヶ月。


その他の体調の方は、2月にやっと安定した潰瘍性大腸炎が、

また週数間前から燻り始めました。

あああ、もう、ずっと、すっきりしない日が年単位で
続いています。

がっつり強い薬で治したいところなんですが、

免疫を落とす薬なので、コロナの今の時期はやめといたほうが

いいでしょうと見送っています。

エンタイビオという注射治療も勧められているんですが、

あんまり色々試したくなかったりして...

でも、ずっとこの状態もどうなのかと不安です。


飲んでいる薬:

ペンサタ顆粒94%2000mg×2(朝/夜)
ミヤBM2錠×2(朝/夜)

レクタブル注腸1回(調子悪い時)

 

 

 

 

 

また間が空いてしまいました。

というのも、子宮筋腫の手術を決意致しました!

最初に子宮筋腫が解ったのは、2017年4月

どうも出血が多いなと感じで、病院にかかりました。

筋腫のサイズは2センチ。でも、場所が悪く出血が多いとのこと。
しばらく様子をみていましたが、あまりにも出血が多いので、

お医者さんの勧めでピルを飲み始めました。

ところが、出血は増える一方。紹介状を書いてもらい
別の病院へ移ることにしました。


すると、筋腫は5センチに。。。

新しい先生は何故ピルを飲んでいたのかと。。。

それは、大きくなっちゃうよと。
(そう言われましても。。。病院変えてよかった。)
年齢的によくなかったのかもしれません。


そこから、レルミナを3ヶ月飲みました。
ぴったり、生理は止まり、快適な生活に。

でもこちらは、骨粗鬆症になってしまうなどあり、

連続で3ヶ月しか服用できないらしく。

続いて、ジエノゲストを飲み始めました。(約一年)

最初は調子が良かったものの

また、突然の出血。そして、以前よりも大出血です(涙)

夜用のナプキンが数分で満タンに。
かつ、レバー状の塊が、どんどん出て、どこにあったの?

くらい出てくるので、精神的にも肉体的にもふらふらになる。

それが何度かあって、もう、次にその出血がくるのが

怖くて、恐ろしくなりました。

(私の場合、筋腫の場所が悪く、薬でも治らないのです。)


先生に相談し、全摘でなく、筋腫を取り、子宮内の壁を焼く

たぶん、マイクロ波子宮内膜アブレーションという

手術を勧められました。こちら、二泊三日で、歩いて帰れるそう。

だったらもう、それでお願いします!

時期は今年のGW明けを予定しています。

先日、手術へ向けての第一歩、リュープロレリン注射を左腕に接種。

腕かお腹に打てるみたいです。流石にお腹は抵抗があり、

普通に腕にしてきました。
次回はお腹にしてみるか?う〜ん、でもちょっと怖い。
この注射は、手術まで筋腫を縮小させるためです。
1ヶ月後にまた打ちます。

注射の副作用なのか?打った数日は、足の浮腫が半端なく。
そして今は、肩こりが酷いです。
テレワークでパソコンしてるせいかもしれないけど。。。

あと3ヶ月。不安の方が大きいけど、楽になれますように。

 

 

 

 

 

お久しぶりです。

そして今日は大晦日。


今年は2月から新しい職場になり、あっという間だったなあ。
同じ業界、同じ分野だけど、またやり方が少し違って、
最初は少し戸惑ったけど、なんとか頑張りました。

以前の職場よりは、居心地が良くて

自分には合ってるのかな。。。


勤務時間も少し、長くなってしまったので
手作りの時間が全く取れなくなってしまいました。

まあ、手作りの時間を作ったら良いのだけど、
なんか余裕がない。その他の家事も全然できない。

このままでいいのかなと思う今日この頃。


体調もいまいちな一年でした。

潰瘍性大腸炎もずっとグズグズすっきりしない感じ。

それでも仕事中は特に問題ないから不思議。

そして一年のうち、寛解したのはたった2ヶ月。

そのほかはずっとグズグズ。

夜中だけトイレダッシュって。。。

年明けに新しい治療法にチャレンジするかもだけど、

出来たらしたくないな。自己治癒力よ頑張れ。

子宮筋腫も薬で抑えきれない時が2回3回?

その辺も腸の悪化につながってると今年は感じた。

もう、取ったほうがいいのかも。


来年はもっと、頑張れますように。

良いお年を。

 

 

 
Copyright © 2021 Memorandum del lavoro fatto a mano, all rights reserved.